結婚式 お礼

結婚式でお世話になる方々へのお礼を忘れずに

結婚式当日は、挙式から披露宴まで沢山の人にお世話になります。

 

結婚式を支えてくれる方(会場スタッフ)や、来賓の方、招待客としてお祝いに駆けつけてくださる方などに感謝の気持ちを伝えるのが、

 

お礼、心づけ、お車代

 

と呼ばれるものです。

 

 

オブラートに包んでますが、

 

謝礼=お金

 

のことですね。

 

会場によっては心づけを受け取らないところもありますが、準備しておいたほうが無難です。

 

また、渡す相手や用途によって金額や表書きが変わります。

 

包むお札は新札を用意しましょう

 

直前になって慌てないように前もって準備しておきましょう。

 

私たちも貧乏でお金なかったですが、ここだけはちゃんとしました(*´ェ`*)

 

 段取りのコツ

 

用意の段取りとしては、はじめに、

 

「誰が」

 

「誰に」

 

「いくら」

 

渡すかをリスト化して、重複のないよう2人で確認します。

 

それに従って祝儀袋やポチ袋を用意して、お金(新札)を封入します。

 

注意点は、

 

心づけを渡す際には相手の名前を書かないということ

 

なので、

 

金額の違う袋を複数用意するので渡す相手を間違えないこと

 

ですね。

 

袋は金額で分類して付箋を貼るなどして分かりやすく区別しておくと安心ですよ(*´∀`*)

 

 

お礼・お車代・心づけの金額の目安と渡すタイミング

 

心づけは、基本的に、

 

司会者やカメラマン、演奏者など、「式全体にかかわる人」には、両家で、または新郎側で負担します

 

 

対して、

 

着付けやメイクなど新郎新婦に個別につくスタッフには、新郎新婦で個別に渡すのが一般的です

 

 

また、

 

仲人に対する謝礼は新郎側で負担します

 

 

ちなみに、

 

披露宴で遠方からの招待客への、お車代は新郎側であれば新郎が負担

 

新婦側であれば新婦が負担

 

します。

 

受付担当者には、親から事前に渡してもらいます

 

 

そして、

 

司会、生演奏、ウェルカムボードなどのアイテムを作ってくれた友達には披露宴終了後に2人から渡しましょう

 

 

<お礼・心づけ・お車代まとめ>

 

会場到着〜挙式前 挙式後〜披露宴前後 挙式後

【司会進行や裏方としてお世話になる人への心づけ】

 

 

当日お世話になるスタッフに心づけを渡します。

 

司会者、ヘアメイク、着付けの方には5千〜1万円が一般的。

 

式場担当者には1万円程度。

 

披露宴が始まる前か着付けの前に「御祝儀」「寿」として両家連名で渡します。

 

司会者が友達の場合は2万円ぐらい渡すといでしょう。

【企業重役・議員などの来賓の方や遠方からの出席者へのお車代】

 

披露宴に主賓として会社の社長や役員クラスの方をお招きする場合、目安として1万円程度を「お車代」として披露宴前にそっと手渡します。

 

また遠方から来ていただいた方には来賓、親戚問わず、交通費や宿泊費を全額負担するのが基本です。

 

 

 

 

【媒酌人/仲人にはお車代】

 

 

 

媒酌人をお願いしている場合は、結婚式終了後別室で両家の親からお礼を渡します。

 

金額は「いただいたご祝儀の倍返し」が基本です。

 

10〜20万円が目安でしょうか。

 

お礼は格の高い祝儀袋に包んで、往復のハイヤー代の「お車代」と菓子折りを添えて渡しましょう。

【披露宴の受付をお願いする方】

 

披露宴の受付をお願いした方には、「御礼」として3〜5千円程度を渡します。

 

受付が始まる前に親から御礼の言葉を添えて渡してもらいましょう。

 

 

【演奏をお願いする方や余興をお願いする方】

 

通常のスピーチや余興をしてくれた人には新婚旅行のお土産を渡しましょう。

 

機材を持ち込んで演奏してくださった人にはお願いする時間によって1〜3万円を「御礼」として当日会った時に渡しましょう。

【ご祝儀のみいただいた方】

 

披露宴には出席されなかったけど、ご祝儀をくれた方には、いただいた金額の1/3〜半額を目安に1ヶ月以内にお返しします。

 

カタログギフトや商品券などが一般的です。お礼状を添えるのもお忘れなく。

 

とりあえず「お金さえ渡しとけば大丈夫」と思うのではなく、当日お世話になる方々へ、感謝の気持ちが大切です。

 

結婚式に関わってくれたすべての人に感謝しましょう(*´ェ`*)

 

関連ページ

新郎新婦の当日の流れ
結婚式当日の流れをイメージすることは非常に大事です。新郎新婦が何をすべきか?を具体的に紹介していきます。
親族紹介のやり方とポイント
結婚式では親族紹介を行います。親戚同士なごやかな雰囲気で進めるためにも正しいやり方やポイントを知っておく必要がありますよ。
披露宴終了後の流れ
披露宴終了後の流れとすべき事、二次会への準備などのやり方を書いていきます。
二次会の挨拶の例と注意点
結婚式の二次会で挨拶する時のポイントと文例を紹介します!スベらないためにぜひご覧くださいませ。