結婚式 親族紹介

親戚紹介の正しいやり方

挙式当日は、様式にかかわらず、式の前後で両家の親族が一同に介し、お互いの親族を一人一人紹介し合います。

 

 

これを、

 

親族紹介といいます

 

そもそも結婚式とは、新郎新婦だけのものではありません。

 

二人が夫婦になることで、

 

新たな家族との繋がりが生まれる

 

のです。

 

親族紹介はそのための大切な儀式として昔から行われてきました。

 

親族紹介は多くの場合、新郎新婦の父、または父親が不在の場合は親族の代表者が進行役となり、全員を紹介します。

 

なお、近年は自己紹介形式も増えてきてます。

 

私の時はまさに自己紹介形式でした。

 

旦那のお兄さんが面白い人で会場の雰囲気が一気に和らいだのを覚えてます(*´ェ`*)

 

 

親族紹介のタイミングは?

 

 

紹介のタイミングは、その土地の習慣にもよりますが、普通は挙式の前に両家の親族控え室の間仕切りを外して行います。

 

もしくは挙式終了後に行います。

 

場合によっては、親族集合写真撮影の時に行うこともあるようです。

 

親族紹介では、紹介の順番に注意が必要です!

 

血縁の濃い順に紹介していきます

 

一般的には、新郎の家長から始まり、家長の親、兄弟姉妹の順番で関係の深い順に紹介していきます。

 

でも土地のしきたりがある場合、紹介者と事前に相談して順番を決めておいたほうが無難ですね。

 

 一般的な紹介順

 

新郎・新婦の順番で、血縁の濃い親族から名前と関係を紹介していきます。

 

1番目.父・母

 

2番目.兄・姉

 

3番目.弟・妹

 

4番目.父方の祖父母

 

5番目.父方の叔父・叔母

 

6番目.母方の祖父母

 

7番目.母方の叔父・叔母

 

という順が一般的な紹介順です。

 

場合によっては、4→6→5→7のケースもあります。

 

 

親族紹介の流れ

 

親族紹介は礼に始まり礼に終わります。

 

 

お互いの親族に失礼がないように、あいさつの仕方を抑えておきましょう。

 

親族紹介の進め方やタイミングを事前に担当者と確認しておきましょう。

 

ここでは一例として流れを紹介していきます。

 

新郎側のあいさつ

 

(父)

 

新郎の父の〇〇と申します。

 

本日はお忙しいところお越しいただき、誠にありがとうございます。

 

当家の親族を紹介致します。

 

※新郎の父が不在の場合は親族代表、または新郎が進行紹介を努めます。

 

新郎側の親族紹介

 

(父)

 

私の隣が、新郎の母の〇〇です。

 

(母)

 

母の〇〇と申します。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

※必ず新郎からみた続柄で紹介し敬称をつけないように注意しましょう。

 

 

新婦側のあいさつ&親族紹介

 

(父)

 

新婦の父の〇〇と申します。

 

当家の親族を紹介致します。

 

以後よろしくお願い致します。

 

以下、【2】に同じく続いていく

 

※紹介スタイルは新郎側に合わせます。

 

 

一同お辞儀する

 

(両家代表が揃って)

 

改めまして、よろしくお願い致します。

 

 

 親族紹介のポイント

・両家の紹介者を決める

 

・出席者の確認

 

・紹介の順番を確認

 

・立ち位置(席順)の確認

 

親族紹介の時点では、両家の親族同士は初対面のケースがほとんどでしょう。

 

お互いに緊張してるので、新郎・新婦から声をかけ、いい雰囲気になるよう心がけましょう。

 

親族紹介の進め方やタイミングは会場によって違うので、担当者に事前に確認し、両家と情報を共有しておきましょう。

関連ページ

新郎新婦の当日の流れ
結婚式当日の流れをイメージすることは非常に大事です。新郎新婦が何をすべきか?を具体的に紹介していきます。
お礼・心づけ・お車代の金額と渡し方
結婚式の当日にお世話になる人へのお礼、心づけ、お車代の渡し方と金額について書いていきます。
披露宴終了後の流れ
披露宴終了後の流れとすべき事、二次会への準備などのやり方を書いていきます。
二次会の挨拶の例と注意点
結婚式の二次会で挨拶する時のポイントと文例を紹介します!スベらないためにぜひご覧くださいませ。