できちゃった婚

授かり婚だって式は挙げたい!そんなあなた必見です!

できちゃった婚、授かり婚は今では珍しくないことです。

 

 

そういう私も「できちゃった婚」でした(汗)

 

でも、全然大丈夫ですよ。

 

滞りなく結婚式を挙げることができましたから(*´∀`*)

 

不安は多かったですが、妊娠がわかった段階で、

 

必ず親に報告しましょう

 

その際は、最初に、

 

「結婚したい」

 

という気持ちと意思を伝えてから、

 

「妊娠している」

 

という事を伝えること。

 

おそらく親は戸惑うでしょう。

 

複雑な感情を押し殺せない親もいるかと思いますが、

 

誠実な態度で理解を得る

 

ことが、マタニティ婚への第一歩です。

 

無事に親の了承を得られたら、準備が始まります。

 

 

式を挙げる時期について

 

できちゃった婚は、

 

安定期である妊娠5〜7ヶ月頃が理想

 

 

会場探しは事前にネットで調べて、ある程度候補を絞ってから見学に行くと良いでしょう。

 

会場担当者には妊娠中であることを告げて、マタニティ婚向けのサービスを案内してもらいましょう。

 

つわりの時期が重なる場合は、

 

くれぐれも無理せず準備を進めましょう

 

絶対に無理しないように。

 

会場によっては、少人数での対応も可能なところや、2週間前でも予約できるマタニティ婚向けのプランがあるところもあります。

 

見学の際には、会場内が妊婦にとって負担の少ないつくりになってるかを、

 

妊婦目線で比較

 

するのが会場探しのコツですよ。

 

 できちゃった婚向けの会場を探すコツ

・マタニティ婚向けのサービスが充実しているか?

 

・会場内での移動が少く、階段の段差も少ないか?

 

・挙式直前のドレスのサイズ変更などに対応してくれるか?

 

・トイレが広くて使いやすいか?

 

・スタッフの妊婦への対応はいいか?

上記のポイントをチェックしながら比較検討するとベストな会場が探せます。

 

 

マタニティ婚の計画の立て方

 

 

仕事関係者には会場が決まってから報告する

 

仕事関係者や友達への結婚報告は、会場が決まってからのタイミングでOKです。

 

ただ退職を考えてる場合は直属の上司に早めの報告をしたほうがいいです。

 

できちゃった婚であることはいずれ解ることなので、隠すよりもさり気なく伝えたほうがいいでしょう。

 

 

体調を最優先に考えて無理ぜず準備する

 

新婦は体調管理が最重要です。

 

体と相談しながら準備を進めましょう。

 

新郎はもちろん、妊婦の大変さを知ってる母親も強力な味方です。

 

仕事のことは仕事仲間に任せて、ゆっくり体調を整えること。

 

式の準備に関しては会場のスタッフを頼って乗り切りましょう。

 

 

準備は効率よく体への負担は最低限に抑える

 

会場、予算、招待客を決めて、招待状の発送まで済めば一段落。

 

あとは流れとノリでなんとかなります(*´∀`*)

 

ペーパーアイテムとかはお金がかかってもいいので専門業者に頼みましょう。

 

自分の負担をできるだけ軽くして準備を進めるのがマタニティ婚の準備です。

 

 

新婦に無理のないプログラム構成を考える

 

本番の進行やプログラムを検討する時は、休憩も兼ねてお色直しの時間を長めにとったり、招待客が参加できる演出を考えましょう。

 

なるべく妊婦が動かなくて済む方法を考えるのがコツ。

 

これはプランナーに相談しながら考えましょう。

 

 

途中で体調が悪くなった時のことも想定しておく

 

当日は万全の体調で結婚式に臨めたら最高ですが、気分が悪くなることもあるでしょう。

 

そうなった時のことも考えて、会場担当者やお付きのスタッフ、司会者にはもしもの時のフォローを頼んでおくと安心できます。

 

 

ちなみに、出産後落ち着いてから式を挙げる「子連れ婚」も人気です。

 

つわりが酷かったり、体調が悪い場合は、無料で日取りをずらせる会場もあるので、母体の様子を見ながら判断しましょう。

 

子連れ婚の準備!絆を深めるためにすべきこと

 

では、次にマタニティドレスについてみていきましょう。

 

 

マタニティドレスの選び方

 

 

できちゃった婚の増加に伴い、最近ではマタニティ専門のウェディングドレスも増えてきてます。

 

妊婦だからと諦める時代は過ぎました

 

妊婦だからこそ着こなせる自分らしい一着を探したいものです。

 

ドレスを選ぶ時は、マタニティ専門のドレスを最低10着以上持ってるドレスショップを選ぶと安心です。

 

妊娠中〜後期にかけて想定よりも体重が増えちゃうこともあります。

 

ドレスを選ぶ時は、

 

挙式直前のサイズ変更が可能かどうか?

 

に加えて、

 

キャンセル料の有無やかかる場合の料金もしっかり確認

 

しておきましょう。

 

試着の段階で会場がまだ決まってない場合は、マタニティドレス専門の店が提携してる会場を紹介してもらうと良い会場が探せます。

 

ドレス選び以外のことについても心配なことはお店のスタッフに相談しましょう。

 

 

 ドレス選びのポイント

 

初めての試着をする時には、それほどお腹は出てないはずです。

 

挙式日を想定したドレスを選ぶためにも、出産経験のあるスタッフに同席してもらうと安心できます。

 

該当するスタッフがいない場合は、母親や出産経験のある友達についてきてもらうと良いでしょう。

 

経験者目線から客観的なアドバイスを貰えるはずです。

 

では、ドレスでチェックするポイントを紹介します。

 

 

【首元】

 

デコルテを美しく見せることを心がけましょう。
ビスチェなどデコルテを出すタイプのドレスを選ぶと映えます。

 

【二の腕】

 

袖やフリル、レースなどで無理に隠そうとするとかえって太って見えます。
ヴェールを上手に利用してカバーするといいですね。

 

【素材・デザイン】

 

フリルなどでお腹を隠すのは逆効果。
シンプルなデザインで軽くて動きやすいドレスがいいです。

 

【バスト】

 

妊娠週数が進むにつれてバストが大きくなってきます。
胸元は隙間なくバストカップに余裕のあるドレスを選びましょう。

 

【靴】

 

転倒防止のためにも、ヒールの高さは5cmくらいに抑えましょう。
足もむくみやすくなるので最終チェックで必ず確認を。

 

 

では次に、妊娠時期のタイミング別でおすすめのドレスの選び方をみていきます。

 

 

【挙式日に妊娠4ヶ月】

 

一般的なウェディングドレスでいけます。
苦しくないものを選びましょう。

 

ちなみに私はこの時期で、少し大きめのサイズを選びました。

 

 

【挙式日に妊娠5〜6ヶ月】

 

ハイウエストのドレスか、ウエストの切替があるドレスを選びましょう。

 

 

【挙式日に妊娠7〜8ヶ月】

 

アンダーバストのしたに切り替えがあるドレスを選びましょう。

 

 

そして、マタニティ婚の場合、アンダーバストの位置に切り替えがあるドレスがおすすめです。

 

お腹が大きくなっていくので、丈の変更ができるドレスを選びましょう。

 

挙式日に妊娠何ヶ月かによってドレスを選ぶポイントは変わります。

 

挙式当日の体型をイメージしながら試着をしましょう。

 

 

最後に、

 

挙式1週間前に必ず試着して最終チェックをする

 

安定期に式をあげるように準備してるとはいえ、体調やサイズは日ごとに変化していくもの。

 

挙式の1週間前には必ず最終試着をしましょうね(*´ェ`*)

 

関連ページ

披露宴の演出を考えるコツ
披露宴の演出プログラムを練って楽しい会にするための考え方でおさえるべきポイントを紹介していきます。
一般的な披露宴の流れ
披露宴の流れを紹介します!プログラムの流れを知ることにより、自分達らしさを演出することができます。そのコツとは?
披露宴で定番の演出
披露宴の演出といえばケーキカットやキャンドルサービスといった定番のものがやっぱりウケます。
披露宴で6つのサプライズ演出の方法
披露宴でサプライズ演出をするなら誰もが驚く内容で。招待客の心に残る方法とは?
披露宴で使えるBGMまとめ
披露宴の演出のひとつに音楽を使った方法があります。BGM選びでセンスの良い曲をチョイスできれば、会場を感動で包むことも可能です。
作成必至!3つの映像演出とは?
披露宴で映像による演出はもはや必須です。手作りで2人のプロフィールムービーを作ると思い出に残るしいいですね。もちろんプロの制作会社に頼むんでもいいでしょう。
ウェルカムスピーチの例
披露宴でのウェルカムスピーチのやり方を紹介します。参考までに私達の時にやったスピーチ例も載せておきますね。
余興やスピーチの頼み方
披露宴といえば余興ですね。仲の良い友達に余興やスピーチを頼む方法とお願いする人へのマナーについて書いていきます。
親へ感謝の手紙の書き方
披露宴で最大の演出ともいえる両親への感謝を伝える手紙の朗読と花束贈呈のやり方を紹介します!
披露宴で謝辞を成功させるコツ
披露宴を締めくくる大事な謝辞のポイントを紹介します。新郎最後のお仕事ですよ。
謝辞の例文を紹介します!
披露宴での謝辞の例文を書いてみました。新郎の父が行う場合、新郎が行う場合、新郎新婦で行う場合に分けて紹介します。
司会者の選び方
披露宴の司会者の選び方を紹介します。人選次第では宴の成否を分ける大事な仕事です。
会場の装飾&装花のポイント
会場装飾&装花は華やかさで招待客をおもてなしする気持ちが大事。確認するポイントを紹介します。
ウェディングケーキの選び方
目的に合ったウェディングケーキを選ぶことが大事。この記事ではデザインや予算のこともふまえて、失敗しない選び方を紹介します。
はずさない婚礼料理の決め方
披露宴の要となる婚礼料理。招待客へのおもてなしの心を考えると手を抜けませんよ。料理の決め方、メニューの選び方などを紹介していきます。
前撮りのチェックポイント
結婚写真は前撮するって人が多いですが、満足行くウエディングフォトにするために必要なポイントがるのです。
写真撮影で注意すべきこと
結婚式の写真撮影の依頼する際に気をつけるべきポイントと誰に頼むのが費用を抑えられるかについても書いていきます。
ペーパーアイテムの準備について
結婚式に欠かせないペーパーアイテム。必ず用意すべき物や手作りする際の注意点を書いていきます。
ウェルカムアイテムを手作りしてみる?
ウェルカムアイテムを手作りして自分達らしさを出すのは良いことだと思います。ウェルカムボードやリングピローなど人気の定番アイテムについて紹介します。
引き出物の相場
結婚式で招待客に渡す引き出物の相場はいくらぐらいなのかを調べました。また人気の物や選び方についても紹介していきます。
プチギフトの相場
結婚式でかかせないプチギフト。その相場はいくらぐらいなんでしょうか?調べてみました。
二次会の準備【幹事・会費】
結婚式の二次会を準備するにあたってすべき事を書いていきます。幹事の頼み方や、会費についてや、開催までの流れなど必見の内容となってます。
二次会の内容と盛り上げるコツ
結婚式の二次会の内容を紹介します。盛り上げるコツに加えて、時間やマナーについても書いていきます。
二次会の招待状の文例
失敗しない二次会の招待状の文例を紹介します。発送時期や準備についても書いていきますよ〜。
子連れ婚の準備で必要なこと
子持ちで再婚する場合、子連れ婚になると簡単に済ませがちですが、準備で注意すべきポイントもあるので紹介します。
結婚式前日の過ごし方
結婚式の前日にチェックすべき5つのこと。持ち物チェックは必須ですよ。