子連れ婚

子連れ婚は家族の絆を深めて記念の式にしよう!

子連れ婚が最近急増中です!

 

 

できちゃった婚、授かり婚も増えてますが、

 

子連れ婚は今後増えていく結婚式の一つの形です

 

私の友達回りでもけっこう増えてます。

 

再婚だけでなく、できちゃったなど、様々な理由から入籍、出産前までに結婚式が挙げられず、出産して新しい家族をむかえた後、パパになった新郎、ママになった新婦。

 

そして、その2人の間に生まれた子供と、家族みんなでお披露目ができる結婚式もあります。

 

このパターンが、めちゃめちゃ増えてるようです。

 

これって良いことだと思います。

 

子連れ婚を行ったことにより、

 

家族の絆が深まった

 

両家の距離が縮まった

 

など、メリットの声も聞かれます。

 

親子三世代にわたる節目の記念日となるようです。

 

ただ、子連れ婚は普通の結婚式と違い準備にあたって注意すべき点があります。

 

子連れ婚で必要なのは、

 

オムツ替えのスペース

 

子育て経験のあるスタッフ

 

ですね(*´ェ`*)

 

子連れ婚を歓迎する結婚式場も少しずつ増えてきてます。

 

また、子連れ婚の場合、招待客も乳幼児や小さい子供を連れての参加ということが多いです。

 

なので、子供と一緒でも気兼ねなく結婚式を楽しめる会場を選んだ方がイイでしょう。

 

会場との打ち合わせの際は、子供を預けておくことが多いようです。

 

でも、子供も一緒に会場に連れて行くことで、見慣れて場馴れしたり、会場のスタッフと仲良くなることもあります。

 

その面を考えると、

 

子連れで打ち合わせもアリ

 

というか、その方がおすすめですね。

 

以下に、注意ポイントをまとめてみました。

 

 

子連れ婚の準備で注意すべきポイント

 

 

スケジュールに余裕を持って準備を進める

 

小さい子供は風邪など病気になりやすいので、結婚準備がはかどらないこともあります。
イレギュラーな事態も起こり得るので、想定してるプラス1ヶ月ぐらいは余裕を持って計画、準備を進めましょう。

 

 

子供が3歳以上ならリングベアラーなどを頼んで演出に参加してもらう

 

 

子供にリングベアラーやフラワーガール、ヴェールガールなどの演出をしてもらうと可愛いし記念にも残ります。
子供も喜ぶし、家族の一生の思い出になること間違いなしです。

 

 

何人かの招待客に子供の世話役をお願いしておく

 

子供がまだ赤ちゃんの場合、披露宴の最中にオムツ替えという事態も考えられます。
ミルクやオムツ替えなどの必要が生じた時のために、招待客の中から赤ちゃんのお世話をしてくれる人を選んでお願いしておくと安心です。
お礼やプレゼントを渡すなどして、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

 

 

子連れの招待客がいる場合は飽きないように配慮する

 

 

新郎新婦だけでなく、子供連れの招待客が多い場合は子供が飽きさせない配慮が必要。
同行する子供の年齢を事前に確認しておいて、その年令に合った絵本、ぬりえ、おもちゃなどを用意しておきましょう。

 

 

不明な点や不安要素は早めにスタッフに相談する

 

まず、子連れ婚を積極的にサポートしてくれるプランのある会場を選びましょう。
そしてわからないことや、困ったことがあればなんでも早めに相談します。
時間が限られてるので、状況に応じてメールや電話でも対応してくれるか確認しておくといいですね。

 

 

 キッズスペースを設ける

 

子供が何人も来るなら、子供が飽きない工夫が必要です。

 

子連れ婚をした友達に話を聞くと、当日会場のあちこちでぐずる子供の鳴き声がして大変だったそうです。

 

気配りができてなかったと反省してました。

 

なので、対策として、子供が遊ぶスペースを会場の一角に作ったり、ぬいぐるみや絵本などをテーブルに置いたりする心づかいも大事です。

 

子供のことを考えて準備しましょう

 

 

ちなみに、子連れ婚の場合、両親や親族、親しい友達だけを招待して少人数で祝う披露宴が多いみたいです。

 

日頃見守ってくれてる人達に改めて家族を披露し、みんなで祝う結婚式は感動的です。

 

忘れられない思い出となるでしょう(*´∀`*)

関連ページ

披露宴の演出を考えるコツ
披露宴の演出プログラムを練って楽しい会にするための考え方でおさえるべきポイントを紹介していきます。
一般的な披露宴の流れ
披露宴の流れを紹介します!プログラムの流れを知ることにより、自分達らしさを演出することができます。そのコツとは?
披露宴で定番の演出
披露宴の演出といえばケーキカットやキャンドルサービスといった定番のものがやっぱりウケます。
披露宴で6つのサプライズ演出の方法
披露宴でサプライズ演出をするなら誰もが驚く内容で。招待客の心に残る方法とは?
披露宴で使えるBGMまとめ
披露宴の演出のひとつに音楽を使った方法があります。BGM選びでセンスの良い曲をチョイスできれば、会場を感動で包むことも可能です。
作成必至!3つの映像演出とは?
披露宴で映像による演出はもはや必須です。手作りで2人のプロフィールムービーを作ると思い出に残るしいいですね。もちろんプロの制作会社に頼むんでもいいでしょう。
ウェルカムスピーチの例
披露宴でのウェルカムスピーチのやり方を紹介します。参考までに私達の時にやったスピーチ例も載せておきますね。
余興やスピーチの頼み方
披露宴といえば余興ですね。仲の良い友達に余興やスピーチを頼む方法とお願いする人へのマナーについて書いていきます。
親へ感謝の手紙の書き方
披露宴で最大の演出ともいえる両親への感謝を伝える手紙の朗読と花束贈呈のやり方を紹介します!
披露宴で謝辞を成功させるコツ
披露宴を締めくくる大事な謝辞のポイントを紹介します。新郎最後のお仕事ですよ。
謝辞の例文を紹介します!
披露宴での謝辞の例文を書いてみました。新郎の父が行う場合、新郎が行う場合、新郎新婦で行う場合に分けて紹介します。
司会者の選び方
披露宴の司会者の選び方を紹介します。人選次第では宴の成否を分ける大事な仕事です。
会場の装飾&装花のポイント
会場装飾&装花は華やかさで招待客をおもてなしする気持ちが大事。確認するポイントを紹介します。
ウェディングケーキの選び方
目的に合ったウェディングケーキを選ぶことが大事。この記事ではデザインや予算のこともふまえて、失敗しない選び方を紹介します。
はずさない婚礼料理の決め方
披露宴の要となる婚礼料理。招待客へのおもてなしの心を考えると手を抜けませんよ。料理の決め方、メニューの選び方などを紹介していきます。
前撮りのチェックポイント
結婚写真は前撮するって人が多いですが、満足行くウエディングフォトにするために必要なポイントがるのです。
写真撮影で注意すべきこと
結婚式の写真撮影の依頼する際に気をつけるべきポイントと誰に頼むのが費用を抑えられるかについても書いていきます。
ペーパーアイテムの準備について
結婚式に欠かせないペーパーアイテム。必ず用意すべき物や手作りする際の注意点を書いていきます。
ウェルカムアイテムを手作りしてみる?
ウェルカムアイテムを手作りして自分達らしさを出すのは良いことだと思います。ウェルカムボードやリングピローなど人気の定番アイテムについて紹介します。
引き出物の相場
結婚式で招待客に渡す引き出物の相場はいくらぐらいなのかを調べました。また人気の物や選び方についても紹介していきます。
プチギフトの相場
結婚式でかかせないプチギフト。その相場はいくらぐらいなんでしょうか?調べてみました。
二次会の準備【幹事・会費】
結婚式の二次会を準備するにあたってすべき事を書いていきます。幹事の頼み方や、会費についてや、開催までの流れなど必見の内容となってます。
二次会の内容と盛り上げるコツ
結婚式の二次会の内容を紹介します。盛り上げるコツに加えて、時間やマナーについても書いていきます。
二次会の招待状の文例
失敗しない二次会の招待状の文例を紹介します。発送時期や準備についても書いていきますよ〜。
マタニティ婚の準備のコツ
できちゃった婚、授かり婚でも挙式はあげたい!そんなあなたに準備のコツを紹介します。
結婚式前日の過ごし方
結婚式の前日にチェックすべき5つのこと。持ち物チェックは必須ですよ。