結婚式 二次会

二次会の幹事や係の準備

二次会は披露宴終了後、披露宴に参加できなかった人達を含め、改めて結婚の報告を行う会。

 

 

披露宴では、新郎新婦がもてなす側でしたが、二次会は親しい友達が幹事となって新郎新婦をもてなす形をとるのが一般的です。

 

でも、

 

幹事ってメッチャ負担が大きい

 

かと思います。

 

招待客のリストアップや連絡など新郎新婦がしたほうがスムーズにことが運びます。

 

幹事とこまめに打ち合わせして、協力するようにしましょう。

 

友達が忙しくて幹事を引き受けてくれそうにない場合は、二次会専門のプロデュース会社もあるので、プロにお願いするのも一つの方法だと思います。

 

友達にも楽しんでほしい、友達が少ないという人も安心です。

 

→二次会専門のプロデュース会社を比較してみた

 

友達にお願いする場合は、

 

信頼できる親友を新郎新婦それぞれ2〜3名選ぶとイイでしょう

 

幹事を決めたら全ておまかせするのではなく、新郎新婦の方からまめに連絡をとり、準備の進み具合などを確認しましょう。

 

また、二次会では、幹事以外にも様々な係を頼む必要があります。

 

【幹事】4〜6名

 

・信頼できる親友から選びましょう

 

【受付&会計】2〜3名

 

・お金の管理を任せられる人がいいですね

 

【司会進行】1〜2名

 

・盛り上げ上手な人が望ましい

 

【撮影】各1名

 

・カメラの操作ができる人

など様々な係が必要です。

 

どの係を誰にお願いするか?を幹事と新郎新婦で一緒に相談して決めましょう。

 

係が決まったら、式の2ヶ月前までに一度みんなで集まって全体の打ち合わせを行うとイイでしょう。

 

では次に、会費についてみていきます。

 

 

二次会の会費は?

 

 

二次会の会場は、披露宴会場から無理なく移動できるところにしましょう。

 

タクシーで10〜15分ぐらいの距離だと移動の負担も少ないです。

 

で、肝心の会費ですが、

 

5000〜8000円ぐらいが相場

 

ですね。

 

大体の場所、会費、回のイメージを大まかに考えてから会場を探すようにしましょう。

 

幹事には、気の利いたプレゼントや新婚旅行のお土産を渡したり、新居に招待したりしましょう。

 

もちろん二次会の会費は免除で

 

親しき仲にも礼儀ありという気持ちでお礼を考えましょう。

 

私の時は友達にお願いしたものの、忙しくて任せっきりになってしまい、ちょっと怒らせてしまいました。

 

仲直りして事なきを得ましたが、気をつけるべきでした(TдT)

 

幹事には、会場との打ち合わせや準備など大きな負担がかかります。

 

きちんとお礼と感謝の気持ちを伝えることを忘れずに

 

ちなみに、二次会終了後の精算時、二次会の費用が会費でまかなえなかった場合、新郎新婦がその差額を払うことが一般的。

 

念のために、その費用の準備もしておきましょう。

 

 

二次会開催までの流れ

 

 

二次会の準備は、遅くとも式の、

 

3ヶ月前から始めましょう

 

幹事を引き受けてもらえたら、まずは会場や予算を一緒に決めます。

 

2ヶ月前には招待客リストを作って案内状を発送し、1ヶ月前には出席者名簿を作り、プチギフトやゲームに使う小道具や商品を用意しましょう。

 

 

 二次会準備の流れ

【3ヶ月前】

 

・幹事を依頼し、打ち合わせを行う
・予算と会費を決めて、会場を探す

 

 

【2ヶ月前】

 

・招待客リストを作って案内状を発送する
・プログラムを決め、幹事と各係と打ち合わせ

 

 

【1ヶ月前】

 

・出席者リストを作成
・当日の進行表を作る
・プチギフトを手配する

 

 

【2週間前】

 

・当日使うグッズなどの購入
・幹事と各係と最終打ち合わせ

 

 

【当日】

 

・幹事は二次会の1時間前に会場入りして準備
・後片付けを行う

ちなみに、負担を減らすために、幹事には披露宴ではスピーチなどの役目をお願いしないよう配慮することも必要ですよ。

関連ページ

披露宴の演出を考えるコツ
披露宴の演出プログラムを練って楽しい会にするための考え方でおさえるべきポイントを紹介していきます。
一般的な披露宴の流れ
披露宴の流れを紹介します!プログラムの流れを知ることにより、自分達らしさを演出することができます。そのコツとは?
披露宴で定番の演出
披露宴の演出といえばケーキカットやキャンドルサービスといった定番のものがやっぱりウケます。
披露宴で6つのサプライズ演出の方法
披露宴でサプライズ演出をするなら誰もが驚く内容で。招待客の心に残る方法とは?
披露宴で使えるBGMまとめ
披露宴の演出のひとつに音楽を使った方法があります。BGM選びでセンスの良い曲をチョイスできれば、会場を感動で包むことも可能です。
作成必至!3つの映像演出とは?
披露宴で映像による演出はもはや必須です。手作りで2人のプロフィールムービーを作ると思い出に残るしいいですね。もちろんプロの制作会社に頼むんでもいいでしょう。
ウェルカムスピーチの例
披露宴でのウェルカムスピーチのやり方を紹介します。参考までに私達の時にやったスピーチ例も載せておきますね。
余興やスピーチの頼み方
披露宴といえば余興ですね。仲の良い友達に余興やスピーチを頼む方法とお願いする人へのマナーについて書いていきます。
親へ感謝の手紙の書き方
披露宴で最大の演出ともいえる両親への感謝を伝える手紙の朗読と花束贈呈のやり方を紹介します!
披露宴で謝辞を成功させるコツ
披露宴を締めくくる大事な謝辞のポイントを紹介します。新郎最後のお仕事ですよ。
謝辞の例文を紹介します!
披露宴での謝辞の例文を書いてみました。新郎の父が行う場合、新郎が行う場合、新郎新婦で行う場合に分けて紹介します。
司会者の選び方
披露宴の司会者の選び方を紹介します。人選次第では宴の成否を分ける大事な仕事です。
会場の装飾&装花のポイント
会場装飾&装花は華やかさで招待客をおもてなしする気持ちが大事。確認するポイントを紹介します。
ウェディングケーキの選び方
目的に合ったウェディングケーキを選ぶことが大事。この記事ではデザインや予算のこともふまえて、失敗しない選び方を紹介します。
はずさない婚礼料理の決め方
披露宴の要となる婚礼料理。招待客へのおもてなしの心を考えると手を抜けませんよ。料理の決め方、メニューの選び方などを紹介していきます。
前撮りのチェックポイント
結婚写真は前撮するって人が多いですが、満足行くウエディングフォトにするために必要なポイントがるのです。
写真撮影で注意すべきこと
結婚式の写真撮影の依頼する際に気をつけるべきポイントと誰に頼むのが費用を抑えられるかについても書いていきます。
ペーパーアイテムの準備について
結婚式に欠かせないペーパーアイテム。必ず用意すべき物や手作りする際の注意点を書いていきます。
ウェルカムアイテムを手作りしてみる?
ウェルカムアイテムを手作りして自分達らしさを出すのは良いことだと思います。ウェルカムボードやリングピローなど人気の定番アイテムについて紹介します。
引き出物の相場
結婚式で招待客に渡す引き出物の相場はいくらぐらいなのかを調べました。また人気の物や選び方についても紹介していきます。
プチギフトの相場
結婚式でかかせないプチギフト。その相場はいくらぐらいなんでしょうか?調べてみました。
二次会の内容と盛り上げるコツ
結婚式の二次会の内容を紹介します。盛り上げるコツに加えて、時間やマナーについても書いていきます。
二次会の招待状の文例
失敗しない二次会の招待状の文例を紹介します。発送時期や準備についても書いていきますよ〜。
子連れ婚の準備で必要なこと
子持ちで再婚する場合、子連れ婚になると簡単に済ませがちですが、準備で注意すべきポイントもあるので紹介します。
マタニティ婚の準備のコツ
できちゃった婚、授かり婚でも挙式はあげたい!そんなあなたに準備のコツを紹介します。
結婚式前日の過ごし方
結婚式の前日にチェックすべき5つのこと。持ち物チェックは必須ですよ。