披露宴 映像

プロフィールや思い出の映像が定番

披露宴の中で、最も多くの新郎新婦が取り入れてるのが、

 

映像による演出

 

です。

 

 

披露宴での映像演出といえば、昔は写真をスライドで映し出すだけのものでしたが、現在はDVDによるオリジナルスライドショーが主流。

 

しかも、映像演出の作成方法で最も多かったのが、

 

手作り映像

 

でした。

 

自分達で手作りしたカップルは約6割だそうです。

 

皆さんハイテクですね、私はアナログ派なので無理でしたけど(汗)

 

私の時はパソコンに詳しい友達のお姉ちゃんに作ってもらいました(*´∀`*)

 

他力本願まるだしです(笑)

 

なんでも、パソコンのソフトを使えば、プロ顔負けの映像が安くで作れるみたいですよ。

 

編集ソフトの中には無料でダウンロードできるものもあります。

 

 

ということで、そろそろタイトルにもあった「3つのムービー」について紹介していきます。

 

 

人気の映像演出3選!

 

オープニングムービー

 

 

結婚式場や披露宴会場への新郎新婦入場時に映像と音楽で招待客の注目を集めるオープニングムービー。

 

目的は、新郎新婦の入場を知らせて、場の空気を盛り上げることですが、それだけではありません。

 

招待客に来場の感謝の気持ちを伝えるメッセージや、新郎新婦の自己紹介の情報などを盛り込む構成にするとイイでしょう。

 

これで確実に場の空気は温まります。

 

テレビや舞台でいうところの「前説」みたいなイメージかな。

 作り方

 

ストーリーのパターンを決めて、映画やドラマのオープニングのような感じで作ります。

 

映像とテロップ、音楽で構成して、長さは2〜3分ぐらいで。

 

 アイデア

 

ドラマチックな演出で関心を引くために、最近はドローンで空撮を取り入れることもあります。

 

撮影会社によっては映像のストックもあるので相談してみましょう。

 

プロフィールビデオ

 

 

披露宴の演出として上映される新郎新婦の写真と音楽を一つの映像にまとめた作品。

 

昔に比べると、映像制作が簡単にできるようになったので、今では披露宴の演出では超ド定番になってます。

 

子ども時代から現在までの生い立ち、効果的なBGMやテロップも入れ込んで作られる新郎新婦のストーリー。

 

招待客に2人のこれまでの歩みや人柄を知ってもらうだけでなく、感謝の気持ちも伝えるような作りにしましょう。

 作り方

 

出会いの頃の写真や思い出の写真をスキャナーで取り込み、映像やスライドを流す順番を決めます。

 

音楽やナレーション、キャプションを添えて、長さは3〜5分をめどに作りましょう。

 

 アイデア

 

2人とかかわりの深い人を登場させコメントをもらうなど招待客とのつながりをもたせると会場に一体感を生むことができますよ。

 

エンディングムービー

 

 

披露宴の最後に招待客、両親、スタッフなどの名前やメッセージを映像と共に流します。

 

映画のエンドロール的な感じで。

 

披露宴のクライマックスを盛り上げます。

 作り方

 

招待客や両親の名前や、感謝の気持ちなどのメッセージを、エンドロールのようにしたベースの映像を用意します。

 

そして挙式で撮影した映像をその中に入れ込んで、長さは3〜5分ぐらいでおさめます。

 

 アイデア

 

オープニングムービーの雰囲気とリンクさせることで、ひとつの物語風に仕上がります。

 

ただ、当日撮影したものを使って編集する必要があるので、プロに任せた方が無難ですね。

 

 招待客目線も考慮する

 

招待客はビデオを飽きずに見てもらう事が大事。

 

時間が長いと飽きられます。

 

演出として流す場合は、長くても5分ぐらいを目安に作るのが良いでしょう。

 

自分達が見せたいものを作るのではなく、

 

「招待客として見た時に楽しめるのか?」

 

という目線で映像を作るのがコツですね。

 

また、新郎新婦の2ショットだけでなく、友達や親族が一緒に写ってるような写真があればガンガン盛り込みましょう。

 

招待客も気分がアガること間違いないです(*´∀`*)

 

 

プロの制作会社に頼むのもあり

 

映像演出は自作する方法と、プロの制作会社に依頼する方法があります。

 

パソコンを使いこなして自分達で作れればいいですが、作成時間に追われたり、クオリティが低くなったりするデメリットもあります。

 

実際に、結婚されたカップルの内、会場の提携業者や外部の業者に依頼した人は、

 

約4割以上

 

おられます。

 

やっぱり一生に一度のことなのでクオリティの高い、プロに頼むのも選択のひとつだと思います(*´ェ`*)

 

関連ページ

披露宴の演出を考えるコツ
披露宴の演出プログラムを練って楽しい会にするための考え方でおさえるべきポイントを紹介していきます。
一般的な披露宴の流れ
披露宴の流れを紹介します!プログラムの流れを知ることにより、自分達らしさを演出することができます。そのコツとは?
披露宴で定番の演出
披露宴の演出といえばケーキカットやキャンドルサービスといった定番のものがやっぱりウケます。
披露宴で6つのサプライズ演出の方法
披露宴でサプライズ演出をするなら誰もが驚く内容で。招待客の心に残る方法とは?
披露宴で使えるBGMまとめ
披露宴の演出のひとつに音楽を使った方法があります。BGM選びでセンスの良い曲をチョイスできれば、会場を感動で包むことも可能です。
ウェルカムスピーチの例
披露宴でのウェルカムスピーチのやり方を紹介します。参考までに私達の時にやったスピーチ例も載せておきますね。
余興やスピーチの頼み方
披露宴といえば余興ですね。仲の良い友達に余興やスピーチを頼む方法とお願いする人へのマナーについて書いていきます。
親へ感謝の手紙の書き方
披露宴で最大の演出ともいえる両親への感謝を伝える手紙の朗読と花束贈呈のやり方を紹介します!
披露宴で謝辞を成功させるコツ
披露宴を締めくくる大事な謝辞のポイントを紹介します。新郎最後のお仕事ですよ。
謝辞の例文を紹介します!
披露宴での謝辞の例文を書いてみました。新郎の父が行う場合、新郎が行う場合、新郎新婦で行う場合に分けて紹介します。
司会者の選び方
披露宴の司会者の選び方を紹介します。人選次第では宴の成否を分ける大事な仕事です。
会場の装飾&装花のポイント
会場装飾&装花は華やかさで招待客をおもてなしする気持ちが大事。確認するポイントを紹介します。
ウェディングケーキの選び方
目的に合ったウェディングケーキを選ぶことが大事。この記事ではデザインや予算のこともふまえて、失敗しない選び方を紹介します。
はずさない婚礼料理の決め方
披露宴の要となる婚礼料理。招待客へのおもてなしの心を考えると手を抜けませんよ。料理の決め方、メニューの選び方などを紹介していきます。
前撮りのチェックポイント
結婚写真は前撮するって人が多いですが、満足行くウエディングフォトにするために必要なポイントがるのです。
写真撮影で注意すべきこと
結婚式の写真撮影の依頼する際に気をつけるべきポイントと誰に頼むのが費用を抑えられるかについても書いていきます。
ペーパーアイテムの準備について
結婚式に欠かせないペーパーアイテム。必ず用意すべき物や手作りする際の注意点を書いていきます。
ウェルカムアイテムを手作りしてみる?
ウェルカムアイテムを手作りして自分達らしさを出すのは良いことだと思います。ウェルカムボードやリングピローなど人気の定番アイテムについて紹介します。
引き出物の相場
結婚式で招待客に渡す引き出物の相場はいくらぐらいなのかを調べました。また人気の物や選び方についても紹介していきます。
プチギフトの相場
結婚式でかかせないプチギフト。その相場はいくらぐらいなんでしょうか?調べてみました。
二次会の準備【幹事・会費】
結婚式の二次会を準備するにあたってすべき事を書いていきます。幹事の頼み方や、会費についてや、開催までの流れなど必見の内容となってます。
二次会の内容と盛り上げるコツ
結婚式の二次会の内容を紹介します。盛り上げるコツに加えて、時間やマナーについても書いていきます。
二次会の招待状の文例
失敗しない二次会の招待状の文例を紹介します。発送時期や準備についても書いていきますよ〜。
子連れ婚の準備で必要なこと
子持ちで再婚する場合、子連れ婚になると簡単に済ませがちですが、準備で注意すべきポイントもあるので紹介します。
マタニティ婚の準備のコツ
できちゃった婚、授かり婚でも挙式はあげたい!そんなあなたに準備のコツを紹介します。
結婚式前日の過ごし方
結婚式の前日にチェックすべき5つのこと。持ち物チェックは必須ですよ。