結婚 挨拶 流れ

いざ結婚の挨拶に行く際の流れとポイントを紹介します!

結婚の挨拶は緊張しますよ〜(笑)

 

2人の結婚の意志が固まり、いざ相手の親に報告をしに行く時はどうすればイイのか?

 

ということで、この記事では、訪問日の流れとポイントを書いていきます。

 

 

まずは、

 

第一印象が大事

 

次に、

 

節度のあるふるまいが大切

 

です。

 

ということで、コミュニケーションの基本である挨拶はしっかり決めたいところです。

 

第一印象で全てが決まると言っても過言ではないですから。

 

では、詳しくみていきますよ〜。

 

 

あいさつは礼儀正しく、質問には明るく答えると吉

 

大切なのは第一印象。

 

ファーストコンタクトが良いとその後のおつきあいもスムーズに行きます。

 

相手の家を訪問する当日は、

 

約束の時間より5分くらい遅い到着がベストタイム

 

少しだけ遅く行くことで、準備する相手側への心配りになります。

 

 

ただし5分以上の遅刻はマナー違反なので注意して下さい!

 

部屋に通してもらった後は、相手の親と初対面の場合は、

 

名前

年齢

職業

出身地

趣味

 

という順番で自己紹介します。

 

なお相手の親からの質問には明るくハキハキと答えましょう。

 

で、雰囲気が和んできた頃に、男性の方から結婚について切り出します。

 

無事に両親の承諾を得られたら、結婚式の予定など今後の話に移行しましょう。

 

ここで、まさかの、

 

「貴様に娘はやらん!」

 

と言われて反対されてしまった場合の対処法も書いておきます。

 

 

ドラマでよく見るこの光景。

 

実は、私の彼一度反対されました(汗)

 

彼からプロポーズを受けて、早速実家に連れて行きました。

 

楽しく談笑して両親の反応もまずまずだったので、結婚に賛成してくれると思ってたら、

 

まさかの反対!

 

これには大ショックとともに頭が真っ白になりました。

 

後でお父さんに理由を聞くと、服装や言葉遣いが気に入らなかったとのこと。

 

その時は全然普通だったのに。。。

 

で、後日、再度出直してやっとOKをもらいました。

 

反対された経験のある私からのアドバイスとしては、

 

反対の理由を明確にしてもらう

 

ことですね。

 

自分がこの人となら幸せになれると確信したうえで親に反対されたら悲しいですが、まずは彼と会ってくれたことに感謝すること。

 

それで、反対の理由を聞きましょう。

 

その理由を聞いて、2人で再度話し合い、もう一度チャレンジです。

 

真剣な態度が伝わればきっと承諾してくれるはずです。

 

 

帰宅後は必ずお礼の電話を忘れずに

 

1回の訪問での滞在時間は2時間前後が目安。

 

 

女性が男性宅におじゃまする際にお手伝いを申し出るか悩むところですが、初めての訪問では基本的にお客様なので問題ありません。

 

ただし、

 

帰宅後に必ずお礼の電話を1本いれておくこと

 

女性ならば、更に訪問後1週間以内に直筆でお礼の手紙を出すと尚良いでしょう。

 

相手の両親へは、

 

「〇〇さんのお父さん、お母さん」

 

という呼び方をするとイイでしょう。

 

好印象を持ってもらうために、少し控えめに振る舞うことがポイントです。

 

終わりよければ全て良しではありませんが、やはり挨拶は後半〜帰宅後の印象が強く残ります。

 

ファーストコンタクトで好印象を与えたら、後半に行くに連れて気を抜いてダレてしまいがちです。

 

終盤にボロが出てが、結婚の話は無かったことに、、、

 

なんてことにならないように、最後ほど慎重にいくのがコツだと思います。

 

では最後に、訪問時の流れとマナーをもう少し細かくみていきます。

 

 

訪問時の流れと守りたいマナー

 

 

約束の時間に到着

 

チャイムを押す前に上着を脱ぎ、携帯の電源を切ります。
チャイムは1回だけ鳴らして、出迎えをまちます。

 

 

玄関で簡単に挨拶

 

玄関で出迎えを受けたら、「こんにちは、〇〇です」と簡単に挨拶。
正面を向いたまま靴を脱ぎ、家に上がってから靴を揃えます。

 

 

席につく

 

部屋に通されたら「〇〇と申します。今日はお時間を作っていただきありがとうございます」
と手みやげを渡し、勧められた席に座ります。

 

 

お茶やお菓子が出される

 

お茶やお菓子が出されたら「ありがとうございます」とお礼を言い、先方から「どうぞ」と勧められてからいただきます。

 

 

場が和んだところで本題へ

 

家族が揃ったら最初に自己紹介をします。
2人の馴れ初めの話などしながら場が和むように努めます。

 

タイミングを見て男性から結婚の申し出を切り出します。
恥ずかしがらず、堂々とした態度で真剣な気持ちを伝えましょう。

 

 

帰宅を切り出す

 

2時間弱ぐらいを目安に「今日はそろそろおいとまさせていただきます」と伝えます。
「この後、食事でも」と誘われたら1回辞退します。それでも再度勧められたら、「ではお言葉に甘えてごちそうになります」と言って応じましょう。

 

 

帰宅

 

玄関で「本日はありがとうございました。これからもよろしくお願いします」とお礼を伝えて退出。
寄り道せずに帰宅して、改めてお礼の電話を1本いれることを忘れずに。

 

 

以上です。

 

相手の両親への報告は緊張しますが、頑張りましょう(^^)v

 

この次はこちら

 

結納と食事会の違いは?顔合わせの注意点を紹介します!

関連ページ

結婚報告の手順を公開!
結婚報告の手順を紹介します。自分の親には早く伝えて、相手の親にも早めに挨拶すること。会社の上司や同僚へも知らせておきましょう。
結納か食事会かの決め方
結納と食事会の違いと選び方を紹介します。あなたに合ったスタイルは?
失敗しない顔合わせ食事会の開き方
結婚準備ではじめの関門は顔合わせの食事会です。両家が揃って自己紹介、結婚の確認、そして親睦を深めていきます。
顔合わせ食事会の流れとコツ
両家の顔合わせ食事会を開く際の流れとコツを書いていきます。
結納の準備とポイント
地域や家によって結納の形は異なるので注意が必要です。まずは正しい準備の方法とポイントを知っておきましょう。
略式結納の流れとやり方
今どきの定番結納スタイルの流れとやり方を紹介していきます。
婚約記念品の選び方を紹介!
婚約記念品の選び方を紹介します。エンゲージリングが定番ですが、他にも色々ありますよ。
婚約指輪の選び方
婚約指輪の選び方を紹介します!婚約を記念するものなので納得行くまで考えましょう。ダイヤモンドの4cやデザインについても書いてきます。
婚約式と婚約披露パーティーのやり方
婚約式と婚約披露パーティーというパリピなスタイルが増えてきてるそうです。どういったものなのか紹介しますよ〜!