結婚報告

いざ結婚!自分の親と相手の親に報告しましょう!

結婚報告は初めの一歩!気恥ずかしいですが、ココはちゃんと伝えましょう。

 

 

交際を経て、2人の結婚の意志が固まったら、

 

1.まず最初に自分の親に報告

2.その後、相手の親に挨拶

 

という順番が基本です。

 

けじめのある態度で相手の名前とか職業とか、年齢、人柄などを伝えます。

 

自分が結婚するのは、「こんな人だよ」いうのを知ってもらいましょう。

 

そして、お互いの家を訪問し、相手の親にあいさつをします。

 

付き合ってる時に、すでに紹介してる間柄でも、正式な結婚となると話は別。

 

改まった態度で自分たちの結婚を伝えましょう

 

親の了解が得られたら、訪問の日時は親の都合に合わせて決めます。

 

両親の顔合わせではないので、

 

食事の時間に重ならない午後2時〜3時くらいに訪れるのがおすすめ

 

もし相手側に他の時間帯を指定されたらその時間に従いましょう。

 

訪問前に相手の親のことを知っておく

 

訪問日が決まったら、自分の親と相手の親にそれぞれ簡単なプロフィールを伝えておきましょう。

 

 

また、当日に親から聞かれそうな、入籍や結婚式/披露宴の時期、新居か同居か?将来的なプランなどは予め2人で話し合って決めておきましょう。

 

当日スムーズに応えられるように準備しておくとイイですよ。

 

就職の面接みたいな感じ(笑)

 

また、パートナーを通じて、

 

相手の親の年齢、職業、出身地、趣味、食べ物の好み、などをあらかじめリサーチしておくと便利

 

初対面でもそれほど緊張せずに話すことができると思います。

 

【結婚報告の手順】

 

自分の親に結婚の意思を伝える

 

「結婚します!よろしく!」みたいに一方的に伝えるのではなく、「結婚したい人がいるから会って欲しい」とキチンと伝えましょう。

 

親が遠方に住んでる時も、電話で自分の口から言いましょう。

 

あいさつの日程を決める

 

親の都合に合わせて訪れるのが基本。親が食事の準備をする場合もあるので、挨拶だけで失礼する場合はその種を伝えておきましょう。

 

2人で結婚の計画を話し合う

 

結婚式、披露宴の時期、どういう形で?新居?同居?結婚式後のライフプランなど、親から聞かれた時に答えられるよう2人で話し合っておきましょう。

 

手みやげや服装の準備をする

 

最初の訪問では手みやげを持参しましょう。金額的には高くもなく安くもない3000〜5000円くらいを目安に。日持ちするもので、出身地の名産物がおすすめ。

 

また、相手の親を訪問するのにふさわしい服装で行きましょう。

 

相手の家にあいさつに行く

 

最初に男性が女性宅に出向いてあいさつをするのが一般的ですが、両家の住所や、本人たちの都合に合わせて臨機応変に考えても大丈夫です。

 

当日の流れやポイントは以下の記事に詳しく書いてます。

 

→結婚の挨拶!訪問日の流れとポイントを紹介します!

 

また、報告に行く日の服装については以下を読み進めて下さい。

 

 

相手の親へ報告する際の服装とマナー

 

清潔感のある身だしなみが第一!

 

 

相手宅にはじめて訪問する時は、結婚相手としての第一印象を左右する重要なポイントです。

 

なので、当日の服装はオシャレ感よりも清潔感を心がけましょう。

 

男性なら落ち着いた色のスーツと派手でないワイシャツ。ピアスや指輪などのアクセサリー類は外して、ヒゲもキレイに剃りましょう。

 

女性は清楚で控えめな印象のワンピースかスーツ。髪も明るすぎないようにし、派手なアクセサリーや、派手なメイク、ネイルも控えましょう。

 

男女共通では、足元が意外と目につくので靴も磨いてキレイにしておきましょう。

 

そして、何より大事なのが、

 

当日の流れを2人でシュミュレーションしておくこと

 

です。

 

当日の流れを2人であらかじめ練習しておくことでスムーズにいきます。

 

自宅を出てから、相手の家に着くまでの時間は必ずチェックして遅刻だけはしないように。

 

電車を乗り継ぐ場合は、その時間も計算して余裕をもって出かけましょう。

 

もちろん、訪問してからのふるまい、話の進め方などもイメージトレーニングしておきます。

 

特に結婚の許可をもらうセリフは事前に打ち合わせをして、何度か家で練習しとくと安心。

 

「娘さんを下さい!」

 

は、アウトですよ(笑)

 

例えば、

 

「お嬢さんとの結婚をお許し下さい。必ず幸せにします。」

 

「〇〇さんとの結婚を承諾していただきたく、ご挨拶に参りました。認めていただけますでしょうか。」

 

という感じがベターだと思います。

 

大事な場面でトチって敬語の使い方を間違えたりすると、印象が悪くなります。

 

十分注意しましょう。

 

【男性】

 

 

(ヘアスタイル&身だしなみ)

 

・茶髪や金髪は避ける
・ヒゲ、肩のフケ、爪、鼻毛はチェック

 

(服装)

 

・紺やグレーのスーツ
・Yシャツはアイロンをかける
・襟元や袖の汚れをチェック

 

(靴)

 

・スーツの色にあった革靴
・中敷きやかかとの減りに注意
・靴下は新品で

 

 

【女性】

 

 

(ヘアスタイル&メイク)

 

・明るすぎる髪色は避ける
・派手じゃないナチュラルメイク
・匂いのキツイ香水は避ける

 

(服装)

 

・派手すぎず地味すぎないワンピースかスーツ
・短いスカートや胸の大きく開いた服は避ける

 

(アクセサリー)

 

・派手なものは避ける
・ジャラジャラ付けすぎない
・パールかゴールドをさりげなく

 

(靴)

 

・ストッキングはナチュラルな色で
・靴は服にあった色のパンプス
・ブーツ、ミュール、ナマ足はNG

 

 

会社の皆にも報告しましょう

 

 

職場の人にも、結婚を報告しておくとイイですね。

 

あまり早く言い過ぎると、デメリットもあるので、結婚式の2〜3ヶ月前でイイと思います。

 

まずは、上司に報告して、仲間に伝える

 

仲の良い同僚なら先に知ってるかもしれませんが、先に上司に伝えた体にするほうが上司も気分がいいはずです。

 

また、必要ならば結婚式や披露宴に招待する場合も合わせて伝えましょう。
※正式な案内は招待状を送ります

 

ちなみに会社によっては、会社や組合から、お祝い金をもらえたりすることもあります。

 

私の旦那の会社からは結構な金額を貰いました(笑)

 

その節はありがとうございましたm(_ _)m

 

あと、あなたが男性で相手が専業主婦の場合なら扶養家族の申請もしなければならないので、入籍と式が終わったらスムーズに総務課に伝えましょう。

 

この時期は不安と期待が入り乱れる時期ですが、おっくうになる時でもあります。

 

でも、

 

2人で色々と話し合い、少しずつ前に進んでいきましょう!

 

この次はこちら。

 

結婚の挨拶!訪問日の流れとポイントを紹介します!

関連ページ

相手の親に結婚の挨拶へ行く際のポイント
結婚相手の親に婚約の挨拶をしに行く時の流れとポイントを紹介します!
結納か食事会かの決め方
結納と食事会の違いと選び方を紹介します。あなたに合ったスタイルは?
失敗しない顔合わせ食事会の開き方
結婚準備ではじめの関門は顔合わせの食事会です。両家が揃って自己紹介、結婚の確認、そして親睦を深めていきます。
顔合わせ食事会の流れとコツ
両家の顔合わせ食事会を開く際の流れとコツを書いていきます。
結納の準備とポイント
地域や家によって結納の形は異なるので注意が必要です。まずは正しい準備の方法とポイントを知っておきましょう。
略式結納の流れとやり方
今どきの定番結納スタイルの流れとやり方を紹介していきます。
婚約記念品の選び方を紹介!
婚約記念品の選び方を紹介します。エンゲージリングが定番ですが、他にも色々ありますよ。
婚約指輪の選び方
婚約指輪の選び方を紹介します!婚約を記念するものなので納得行くまで考えましょう。ダイヤモンドの4cやデザインについても書いてきます。
婚約式と婚約披露パーティーのやり方
婚約式と婚約披露パーティーというパリピなスタイルが増えてきてるそうです。どういったものなのか紹介しますよ〜!