結婚式 招待状 時期

招待状を発送するベストタイミングは?準備・発送のポイントを紹介します!

結婚式の招待状を発送する準備は、

 

挙式4ヶ月前から

 

準備し始めましょう。

 

 

文面やデザインを選び、印刷の申込みなどの準備をはじめて、そのあとに校正や宛名書きをします。

 

招待状を実際に発送する時期は、

 

約2〜3ヶ月前までに郵送

 

しておくと安心して結婚式に望むことができるでしょう。

 

返信は1〜2ヶ月前にいただくのが一般的です。

 

 招待状作成スケジュール

 

 

挙式3〜4ヶ月前までに行なうこと

 

・差出人と文面を決める
・依頼(発注)する

 

 

挙式2〜3ヶ月前までに行なうこと

 

・校正、印刷、完成品の受け取り
・宛名書き、切手購入、封入、発送

 

 

挙式1〜2ヶ月前までに行なうこと

 

・返信はがきの締切り
・返信はがきをもとに席次を決める

 

 

準備の流れはこんな感じ。

 

とはいえ、専門式場やホテルの式場で結婚式を挙げる場合は、プロのスタッフがやってくれます。

 

予算を節約したいなら、自作も可能ですが、文面を考えたり脱字があった場合、手間がかかります。

 

私は2次会の招待状は自作しましたが、披露宴はプロに任せました。

 

 

大事な招待状はプロに頼むと安心

 

 

招待状にはあいさつの言葉、結婚報告、披露宴の日時と場所、出欠の有無、返信期限などを記載します。

 

2人の結婚を文書で伝えるフォーマルな手紙なので、一定の格式を保つのは当たり前。

 

誤字脱字はもってのほかです!

 

招待客の名前は、感じの旧字体も含めて念入りに確認しましょう。

 

文面にも決まり事が多く、素人が作成するのは気が折れます。

 

正直、

 

わたしは自作しようと思ったけど諦めました(TдT)

 

会場のプロのスタッフか、専門の業者に任せてしまった方が安心だし、その分の時間を別のことに割けると思います。

 

あと、招待状の作成に取りかかる前に、電話で結婚の報告をして、披露宴への出席が可能かどうかを確認しておきましょう。

 

もし、出席できない人がいれば、他の人を招待することもできますので。

 

先に送ってしまって返信を待ってからだと、時間的に変わりを探すのは厳しいですからね。

 

また、自作される場合の宛名書きは、

 

パソコンでもOK!

 

招待状の正式な書き方は、毛筆の楷書です。

 

結婚式の招待状の宛名書きは毛筆や筆ペンがよいとされてますが、

 

自信がない人は無理しないこと

 

筆耕業者に頼んでもいいし、パソコンの宛名印刷でも大丈夫ですよ(*´∀`*)

 

招待状のデザインにもよりますが、封筒の表裏と手紙の字の向きは、

 

縦書きなら全て縦書き

 

横書きなら全て横書き

 

と、統一させましょう

関連ページ

披露宴の席順の決め方
披露宴の席順を決め方で悩んでませんか?テーブルレイアウトと席次例を見ながら紹介していきます。
ウェディング ドレスの選び方
ウェディングドレスの選び方を紹介します!優先順位を決めて絞り込んでいくコツを書いていきますよ〜
ウエディングドレスの種類を学ぶ
ウェディングドレスの種類ってどんなのがあるのかを紹介します!シルエットや素材によって印象が変わるのでじっくり吟味して決めましょう。
ウエディングドレスに映える新婦の髪型
ウェディング ドレスに合う髪型って?新婦がオシャレと思われるヘアメイクのポイントを紹介します!
ブーケの種類と選び方
ブーケの種類は主に6種類あります。失敗しない選び方のポイントも合わせて紹介していきます!
披露宴で選ばれるカラードレスの色は?
披露宴はカラードレスで決まり!挙式と違った雰囲気で楽しめます。自分に似合う色や人気の色などを紹介していきます!
和装の選び方
結婚式は和装で行いたい!という人に着物の種類や試着時のチェックポイント、かつら選びのポイントも紹介していきます。
新郎の衣装の選び方
新郎の衣装の選び方を紹介します!タキシードが人気ですが、種類は豊富ですよ。
結婚指輪の選び方!
結婚指輪は一生つけるもの。なので慎重に選んだ方が後悔しません。マリッジリングの種類や相場などお金のことについても書いていきますよ〜
ブライダルエステで美容対策バッチリ!
挙式ではウエディングドレスを着ます。背中ニキビや二の腕のプツプツとか気になる私はブライダルエステで綺麗にしました〜!